日産自動車とオーテックジャパン、「バリアフリー2017」に福祉車両6台を出展


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)と株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、4月20日(木)から4月22日(土)までの3日間、インテックス大阪で開催される「バリアフリー2017」(第23回高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)に、ライフケアビークル(LV)を6台出展する。

今展示では、日産自動車グループの福祉車両「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)のラインナップの中から、車いすのまま乗車できる「セレナ チェアキャブスロープタイプ」をはじめ、電気自動車のまったく新しいカタチ「NOTE e-POWER」をベースに開発した「ノート 助手席回転シート」など、計6台を出展する。

なおバリアフリー展の展示ブースでは、車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」や、駐車時などに上空から見下ろしたように把握できる「アラウンドビューモニター」など、同社が開発為た先進安全装備も披露していく。

<「バリアフリー2017」概要>
・日時 : 4月20日(木)~4月22日(土) 10:00~17:00
・会場 : インテックス大阪 (大阪市住之江区南港北1-5-102)
・主催 : 社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪
・入場料 : 無料

<出展車両一覧>
車種_仕様
セレナ チェアキャブ:スロープタイプ 車いす2名仕様
セレナ チェアキャブ:リフタータイプ(助手席スライドアップシート付)
セレナ:セカンドスライドアップシート
ノート:助手席回転シート
日産デイズ ルークス:助手席スライドアップシート
NV100 クリッパーリオ:チェアキャブ

<関連URL>
ライフケアビークルサイト: