日産自動車、最大4,000億円の自己株式を取得

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

nissan-and-exhibited-at-the-welfare-2015-in-autech-japan-and-collaboration-system20150517-1-min

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は2月26日、本日開催の取締役会において、財務体質と将来の経営戦略のニーズをバランスし、株主還元の一環として、自己株式の取得に係わる事項について決議した。

その内容は、最大3億株もしくは4,000億円を上限として当社普通株式を取得するもの。取得期間は、2016年2月29日から同年12月22日の予定。

日産の社長兼CEOのカルロス ゴーン氏は、「本件に伴い、ルノーによる株式の保有比率に実質的な変更はありません。また、アライアンスの統治に関しても影響を及ぼすものではありません。

株主還元は、当社の経営戦略の主な柱の一つです。現状の財務状況や今後の潤沢なキャッシュフローを継続できる見通しを鑑みて、今回の決定をしました」と述べている。

参考(2016年1月31日時点の自己株式の保有状況)

発行済株式総数(自己株式を除く) 4,490,747,568 株
自己株式数 29,967,544 株