オンキヨー、インド合弁会社・工場でスピーカーユニットの量産開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

オンキヨー株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:大朏宗徳)は、UNO MINDA GROUP(以下、MINDA)と設立したインドの合弁会社でOEM生産工場を設立。平成29年8月より製品の量産を開始した。

具体的には、主に車載用スピーカーユニットはじめPC、TV用のスピーカー部品を供給するOEM事業として、自動車部品で高い生産能力を持つMINDAと共に合弁会社(MINDA ONKYO INDIA PRIVATE LIMITED)を設立。

その後スピーカー工場建設に着手し、平成29年5月からのテスト生産を経て、平成29年8月より製品の量産を開始。平成29年10月からはインドを生産拠点とする自動車メーカー向けにスピーカー部品の納入開始を行う。

同事業計画は、当初予定を上回る受注が見込めており、今後さらに拡大が予想されるインド国内の乗用車市場への拡大対応を加速していく構え。

さらに今後は、ヘッドホンやイヤホンなど新しいカテゴリ製品の生産も検討を開始し、いずれは海外輸出拠点として重要な役割を担う工場として発展させ、事業拡大および業績改善を図っていく。