パイオニア、「東京オートサロン2017」に出展。コンセプト・コックピットで自動運転技術を体験

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

パイオニア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、パイオニア)は、2017年1月13日(金)~15日(日)に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2017」に出展する。

パイオニアは、車室空間における“総合インフォテインメント”のリーディングカンパニーを目指しており、これを踏まえて同社の出展ブースでは、安心・安全運転支援機能を搭載した「サイバーナビ」や、最新カーオーディオを体験できるデモカーを展示する。

その他、自動運転社会に向けて、同社が開発を進めている様々な技術を体験できるコンセプト・コックピットを展示する。


「東京オートサロン2017」公式サイト: http://www.tokyoautosalon.jp/2017/ 

パイオニアHP イベント告知ページ :http://pioneer.jp/carrozzeria/brand_event/event/17autosalon/ 

パイオニア・カロッツェリア出展ブース: ホール10

【出展概要】
■ カロッツェリア デモカー(Audi R8、TOYOTA ヴェルファイア)
サイバーナビを搭載したスーパースポーツカー「Audi R8(2016年モデル)」を展示するほか、車種専用10V型サイバーナビとシステムアップ商品を搭載した「TOYOTA ヴェルファイア」で、先進のカーエンタテインメントを体験できます。

■ カロッツェリア サウンドエクスペリエンスカー(TOYOTA ハイエース スーパーハイルーフ)
移動式試聴室サウンドエクスペリエンスカーで、カロッツェリア カーナビ、スピーカーの高音質な音を体験できます。

■ 自動運転レベル3を想定したコンセプト・コックピット(参考出品)
自動運転を実現するためのキーデバイスと言われている走行空間センサー「3D-LiDAR」や、AR表現により直感的な情報確認を可能にするヘッドアップディスプレイ、ドライバーの眠気予兆を検知するドライバーモニタリングシステムなど、快適かつ安心して自動運転機能を使うための新しいインターフェースと自動運転における移動時間の新しい楽しみ方を、シミュレーターで体験できます。

※モータージャーナリスト 飯田裕子氏、藤島知子氏、パーソナリティー 藤本えみり氏を招き
“クルマの楽しみ方”についてのトークショーを開催します。

日時 : 1月14日(土) 13:30~14:00 (予定)
場所 : 東京オートサロン パイオニア カロッツェリアブース内