ポルシェ、ミッドシップロードスター「718ボクスター」の予約受注を開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、ミッドシップロードスターの718ボクスター及び718ボクスターSの予約受注を2月1日(月)より、全国のポルシェ正規販売店を通じて開始する。

porsche-and-started-booking-orders-for-mid-engined-roadster-718-boxster20160128-10

ポルシェはニュー718ボクスターシリーズの導入により、1950年代および60年代のタルガ・フローリオや、ル・マンをはじめとした数々のレースで優勝を飾ったミッドシップスポ-ツカーの「初代ポルシェ718」から続く水平対向4気筒エンジンの伝統を改めて継承していくこととなった。

porsche-and-started-booking-orders-for-mid-engined-roadster-718-boxster20160128-4

効率性に優れた新世代の4気筒ターボエンジンを搭載

今リリースの2リッター・718ボクスターの最高出力は220kW(300PS)、総排気量2.5リッターの718ボクスターSの最高出力は257kW(350PS)とし、Sモデルにはバリアブルタービンジオメトリー(VTG)を備えたターボチャージャーを使用している。

効率性に優れたこの新しいターボエンジンは、それぞれ先代モデルに対して26kW(35PS)のパワーアップを実現し、併せて燃費も13%向上させている。

porsche-and-started-booking-orders-for-mid-engined-roadster-718-boxster20160128-2

このエンジンに対する取り組みに加えて、シャシーとブレーキも一新。エクステリアデザインも、ラゲッジコンパートメントリッド、フロントウインドウ、およびコンバーチブルトップを除いてすべて完全に見直された。

市販車にVTGテクノロジーを採用する世界で唯一のメーカー

インテリアでは、新設計のダッシュパネルが与えられたコックピットが目を引き、さらに最新のタッチスクリーンを備えたポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)を標準装備する。

この新たな水平対向4気筒エンジンの出力特性は、新開発のターボチャージャーによって大きく改良され、718ボクスターの最大トルクは380N・m(100N・m増)/1,950rpm-4,500rpm。718ボクスターSの最大トルクは420N・m(60N・m増)/1,900rpm-4,500rpmとなっている。

porsche-and-started-booking-orders-for-mid-engined-roadster-718-boxster20160128-6

これに組み合わせるトランスミッションは、両モデル共に6速マニュアルに加えて、燃料を節約するバーチャルギアを備えたポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)を組み込んだ。

これにより718ボクスターの0-100km/h加速タイムは、PDKとスポーツクロノパッケージの仕様車で4.7秒(0.8秒向上)、同仕様の718ボクスターSでは4.2秒(0.6秒向上)。最高速度は718ボクスターが275km/h、718ボクスターSでは285km/hをマークする。

新たな718シリーズとなって刷新されたスタイリング

一方、実用燃費(NEDC)も、718ボクスターで6.9リッター/100km(1.0リッター/100km低減)、718ボクスターSのPDK搭載車で7.3リッター/100km(0.9リッター/100km低減)と大きく改善している。

porsche-and-started-booking-orders-for-mid-engined-roadster-718-boxster20160128-7

スタイリング面では、フロントエンドがより一層彫刻的な形状となり、特にフロントはワイドで力強いスタイルとなった。また、フロントに備わる大型クーリングエアインテークは新しいターボエンジンのコンセプトを強調するものとなった。

さらに同じフロントエンドでは、LEDデイタイムランニングライトを統合したバイキセノンヘッドライトによる新デザインとした。これに対して、サイドビューでは新たなラインを与えられたフェンダーとサイドシルに特徴を持たせている。

なお2つのフィンを備えた大型エアインレットパネルは、このモデルのダイナミックなルックスを強調。ドアハンドルにはリセスカバーがないデザインとした。

10%ダイレクト方向に設定された俊敏なステアリング操舵

ドライビングダイナミクスに於いても、新型ボクスターは初代718を彷彿とさせるものとなった。完全に見直されたシャシーがコーナリング性能を高め、その分、電動式パワーステアリングは約10%ダイレクト方向に設定された。これによりサーキットと日常走行の両面がより俊敏となっている。

足まわりでは、718ボクスターの車高が10mm低いポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)に。718ボクスターSはさらに20mm低い車高を備えたPASMスポーツシャシーをそれぞれオプションで用意した。

porsche-and-started-booking-orders-for-mid-engined-roadster-718-boxster20160128-1

ダイナミックなドライビングエクスペリエンスを実現するオプションのスポーツクロノパッケージでは、911と同様にノーマル、スポーツ、スポーツ・プラスの3つのモードに加えてインディビジュアルプログラムが設定可能。

PDKにも、ドライビングプログラムスイッチの中央にスポーツレスポンススイッチが追加され、エンジンとPDKのレスポンスをダイレクトに設定できる。

以上ニュー718ボクスターは、4月30日より欧州を皮切りに順次、各国で導入されていく予定。なおこれに併せ、718ボクスターシリーズ・左ハンドル仕様車の日本国内の予約受注についても、4月1日(金)から4月30日(土)迄の期間限定となる見込みだ。

ポルシェ718ボクスター、718ボクスターS 希望小売価格
※2016年2月1日より
車種/トランスミッション/ハンドル/希望小売価格(税込)
718ボクスター/6速MT/右・左/¥6,580,000
718ボクスター/7速PDK/右・左/¥7,104,000
718ボクスターS/6速MT/右・左/¥8,520,000
718ボクスターS/7速PDK右・左/¥9,044,000

<本件に関する問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.co.jp