ポルシェ、WEC第2戦、ベルギー・スパのドライバー体制を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-1
Porsche 911 RSR

ポルシェ911 RSRに新しいドライバーの組み合わせ

来る5月2日、スパ・フランコルシャンで開催される世界耐久選手権(WEC)第2戦。
同レースは、チュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権(USCC)のラグナセカ戦が同時期に開催される。

これを受けて、ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー、以下ポルシェ)のポルシェ・チーム・マンタイは、レギュラースタイルとは異なるドライバーによるWEC第2戦(スパ・フランコルシャン6時間レース、以下スパ)への参戦布陣を発表した。

スヴェン・ミューラー/ケヴィン・エストル組がWECデビュー

最高出力470PSを発生するポルシェ911 RSR(92号車)は、ポルシェ ワークスドライバーのフレデリック・マコヴィッキ選手(フランス)/リヒャルト・リーツ選手(オーストリア)組。
もう1台の911 RSR(91号車)では、ポルシェ ジュニアのスヴェン・ミューラー選手(ドイツ)と、ケヴィン・エストル選手(フランス)組が、ベルギー南東部・アルデンヌの森に位置する過酷なサーキットでWECデビューを飾る。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-2 なお出場枠としては3台目となるポルシェ919ハイブリッドには、ル・マン24時間レースのオーダーと同じく、アール・バンバー選手(ニュージーランド)とニック・タンディ選手(英国)が、ポルシェ チームのF1ドライバー、ニコ・ヒュルケンベルグ選手とともに出走する。

ミカエル・クリステンセン/パトリック・ピレ組はラグナセカ戦に

WEC開幕戦のシルバーストーンを戦ったポルシェ ワークスドライバーのミカエル・クリステンセン(デンマーク)/パトリック・ピレ(フランス)組は、ポルシェノースアメリカから、911 RSRを駆りラグナセカ戦に出場することになった。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-6
Porsche 919 Hybrid

このドライバー編成について、ポルシェのモータースポーツ部門責任者であるフランク=シュテッフェン・バリサー博士は、「2大陸で2つの重要なレースが1週間内に開催されることは、コックピットの組み合わせで柔軟な対応策が必要となる例外的な状況といえます。

幸い、私たちの周りには世界中のカレラカップで十分に訓練を積んだレーシングドライバーがたくさんいるので、このような場合には彼らに頼ることができます。

今回スパに出走するスヴェン・ミューラーは、堅実なパフォーマンスによって、911 RSRで世界最高のスポーツカーパイロットに挑戦するチャンスを得ました。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-8
モータースポーツ部門責任者のフランク=シュテッフェン・バリサー博士

彼のステップアップは、ポルシェの若手育成プログラムの成功例であるだけでなく、若いドライバーのための出発点としてのポルシェのワンメイクシリーズの重要性も明確に示しています。

これは、ポルシェが、真に高速で走る人々に対してあらゆる門戸を開いているということを例証しています」と述べている。

ポルシェ ジュニアたちが語るスパ・フランコルシャン

2台目の91号車に乗る当のスヴェン・ミューラー選手は、ポルシェ カレラカップ ドイツの昨年の新人王で、ポルシェ・モービル1スーパーカップ・モンツァ戦の覇者でもあるのだが、彼は、今回のチームオーダーに関して、「僕にとっては夢の実現です。ル・カステレのプレシーズンテストで初めて911 RSRに乗ったとき、緊張しましたが、すぐに治まりました。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-3
2台目の91号車に乗るスヴェン・ミューラー選手

ポルシェ チーム・マンタイは僕をすごく歓迎してくれました。911 RSRのステアリングを握った初めてのラップは、夢のような体験になりました。スパでのレースが本当に楽しみです」とコメントした。

スヴェン・ミューラー選手のパートナーとなるケヴィン・エストル選手も、ポルシェ ブランド・トロフィーシリーズでモータースポーツのキャリアを着実に積み、2011年にカレラカップ フランスで優勝。同年のポルシェ・モービル1スーパーカップで新人王に、2013年には、カレラカップ ドイツのタイトルも獲得しているドライバーだ。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-4
スヴェン・ミューラー選手のパートナーとなるケヴィン・エストル選手

ケヴィン・エストル選手は、「ポルシェのワンメイクカップが、プロレースのキャリアのための道を開いてくれました。今回、ポルシェ チーム・マンタイが、WECのスパ戦で911 RSRのドライバーとして僕を選んでくれたのは本当に嬉しいことです。

レギュラードライバーの代理として完璧な仕事をして、このすばらしいサーキットでポルシェのためにできるだけ多くのポイントを稼ぐことが目標です」と語っている。

WEC第2戦はドライバーの実力が問われる1戦に

1978年に現コースレイアウトとなったシルキュイ・ド・スパ=フランコルシャン(Circuit de Spa-Francorchamps)ことスパ・フランコルシャンサーキットは、高低差104mとアップダウンが大きいこと、また山間部のサーキットであることから、同一コース上でも天候がめまぐるしく変化するなど、ドライバーにとっては難易度が高い。

porsche-wec-ennounces-second-leg-belgian-driver20150415-5
コースはテクニカルなコーナーの連続で、マシン性能の優劣を左右するだけに、ドライバーの実力が問われる1戦になりそうだ。

ポルシェのドライバー体制まとめ
(WEC第2戦スパ/USCCラグナセカ戦)
911 RSR 91号車のスヴェン・ミューラー/ケヴィン・エストル組に加え、ワークスドライバーのフレデリック・マコヴィッキ(フランス)/リヒャルト・リーツ(オーストリア)組が、ポルシェ911 RSR 92号車を駆りポルシェ チーム・マンタイからGTE-Proクラスに出場。

前年のGTE-Proクラスのホモロゲーション車両のみが、GTE-Amへの出場資格を持つGTE-Amクラスでは、米国の俳優でレーシングドライバーのパトリック・デンプシーが、ポルシェ ワークスドライバーのパトリック・ロング(米国)およびマルコ・ゼーフリート(オーストリア)とともに、デンプシー・プロトン・レーシングカスターマーチームから911 RSRで出走。

アブダビ・プロトン・レーシングカスタマーチームからは、クリスティアン・リード(ドイツ)、ハーリド・アルクバイシ(アブダビ)、そして元ポルシェ ジュニアのクラウス・バッハラー(オーストリア)の組が911 RSRで参戦する。

レース前のチームコメント
GTワークスモータースポーツの総合プロジェクトマネージャーであるマルコ・ウジュハシのコメント:「この過酷なサーキットでは、車のセットアップが特に重要です。

タイヤの磨耗を最低限に抑えるために最善の譲歩策を見つけた者が、決め手となる強みを得ます。スヴェン・ミューラーは、若いながらすぐれた訓練を積んだレーシングドライバーです。ル・カステレのプロローグでは、早々とチームに打ち解けました。

経験豊かなドライバーたちが、セットアップでサポートし、テクニカルなサーキットにできるだけ早く慣れることを助けます。さらに、傍らにはケヴィン・エストルという経験豊富なチームメイトも控えています。」

フレデリック・マコヴィッキ(ポルシェ911 RSR #92)のコメント:「スパは常にレースカレンダーのハイライトです。オー・ルージュだけでなく、すべてが素晴らしいサーキットです。スパでは必ず雨を予測しなければなりません。しかし、それだけにいっそう面白くエキサイティングでもあります。」

リヒャルト・リーツ(ポルシェ911 RSR #92)のコメント:「昨年はスパに出場できなかったので、このすばらしいサーキットのスピードに慣れるまで数周を要すると思います。

スパは間違いなく僕の好きなサーキットのひとつです。長くて極めて難易度が高く、真のドライバーのためのサーキットです。レースが楽しみですね。」

今年のポルシェ911 RSR
ポルシェ911 RSRは、スポーツカーのアイコンであるポルシェ911の第7世代をベースとしてマシンだ。
車両の開発とレース出場で得られた知識は、将来の911に直接組み込まれる。

3995ccの6気筒水平対向エンジンをリアに搭載したこのヴァイザッハ製レーシングカーは、最高出力345kW(470PS)を発生し、2013年のデビューシーズンに、ル・マン24時間レースで驚異的なワンツー・フィニッシュを飾っている。

昨年は、米国の最も有名なロングディスタンス・クラシックであるデイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、およびプチ・ル・マンで優勝を果たし、今年はWECのシルバーストーンと上海でも好成績を残している。

2015年シーズンは冬の期間に改良を加え、軽量構造と優れたエアロダイナミクスを備えた。見直されたのは、フロントのエアロダイナミクスと最適化されたサスペンションで限界域における操縦性が改善されているという。

 

関連記事
WEC英国初戦、1位アウディ・2位ポルシェ・3位トヨタ…

その他の新着記事
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
三菱、2015年上海ショーで2台のコンセプトカープレミア発表
時速220キロ超ドリフトの競演、D1グランプリ鈴鹿5月開催
ランサーエボリューションX、最終モデル1000台の予約開始
レースでクルマ造り。トヨタ版「走る実験室」の始まりか
トヨタ、燃料電池車の総合情報発信施設を新オープン

TuvichomsaoサイトTOPに戻る