アストンマーティン、限定生産モデル「Vanquish Zagato」を公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-26

アストンマーティン(本社:英国・ウォリックシャー州ゲイドン、CEO:アンディ・パーマー)は、限定生産モデルのVanquish Zagato Coupeを発表した。このモデルは、高名なイタリアのデザインハウス、ザガートとの長年のパートナーシップから生み出された最新のモデルとなる。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-24

Vanquish Zagato Conceptは、2016年5月にイタリアのコモ湖畔で開催された有名なヒストリックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で発表され、大きな称賛を受けた。

それを契機に、世界各国の顧客からのかつてない強い要望を受け、英国ゲイドンのアストンマーティン・ファクトリーにおいて、99台限定で生産されることになったもの。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-23

Quotation:Rivista Automobilismo

Quotation:Gumbal

Vanquish Zagatoは、50年にも及ぶアストンマーティンとザガートのコラボレーションによって誕生した5台目のモデルである。

そこには高い評価を受けているアストンマーティンのダイナミズムの他、素材クオリティへのこだわり。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-25

そしてザガート特有のデザイン・ランゲージを巧みに融合させている。Vanquish Zagatoは、目を見張るようなスポーツ性に加え、アストンマーティンの手になるビスポーク・ラグジュアリーの究極の形を示すものとなっている。

同社とザガートとのコラボレーションの歴史は、1960年に発表され、美しいシルエットが特徴のDB4 GT Zagatoレーシングカーにまで遡ることができる。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-5

このクルマは現在1,000万ポンド以上の価値があるとされている。その後、1986年にはV8 Vantage Zagato、2002年にはDB7 Vantage Zagato、2011年にはV12 Vantage Zagatoが発表された。

Vanquish Zagatoは、アストンマーティンのGTカー・ラインナップに追加されたパワフルなモデルにあたる。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-7

このクルマは、アストンマーティンが本質的に備えている高い洗練性および能力と、モータースポーツの世界から生まれ、何年にもわたってエレガントなラグジュアリー・スポーツカーを磨き上げてきたザガートならではのデザイン・エレメントを見事に融合している。

アストンマーティンの6.0リッターV12パワートレインは、最高出力が600PS(1)に引き上げられ、0~60mph(約97km/h)をわずか3.5秒で加速する。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-10

パフォーマンス向上に伴って、サスペンションのセットアップも見直され、Vanquish ZagatoならではのユニークなGTドライビング・エクスペリエンスを提供する。

また生産モデルとなったVanquish Zagatoのデザインは、ヴィラ・デステで展示されたコンセプトモデルと非常に良く似ている。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-9そのプロポーションは、典型的なアストンマーティンそのものであり、新しいボディワークは、すべてがカーボンファイバーで製作され、大きな1ピースパネルを使うことによって、ボディパネルの継ぎ目に現れるスプリット・ラインを大幅に削減した。

その他のデザインの特徴としては、伝統的なZagatoリヤビューを彷彿とさせる円形のテールライト・リフレクター、Aston Martin Vulcan同様のLED“ブレード”テクノロジー、One-77用に開発されたものと密接な関係があるウイング・ミラーなどが挙げられる。

Vanquish Zagatoの彫刻的なリアエンドは、DB11のエアロダイナミックな造形を思い起こさせる。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-1

さらに、リトラクタブル・スポイラーやラゲッジ・コンパートメントへのアクセスを容易にするリアハッチなども装備されている。

ロワボディを取り囲むように装着されるカーボンファイバー・シルは、フロントからリアにかけて特徴的なラインを描き出し、美しい曲線で構成されたリアエンドには4本のエキゾースト・パイプが装着されている。

Vanquish Zagatoのウインドウ・エリアは、バイザーのようにボディワークを包み込み、アグレッシブなスタンスを強調している。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-11

アストンマーティン・デザインの象徴であるサイドストレーキは、DB11と同様にホイールアーチからドアまで伸びている。

このディテールは、創業100周年記念モデルであるCC-100に初採用されたもので、Vanquish Zagato Conceptと共にいっそうの進化を遂げた。また、リアホイール・アーチのシャープなクリースがリア・フランクへと溶け込み、流麗なルーフラインと融合させている。

ルーフには、アイコン的な“ダブル・バブル”が施され、なだらかなルーフラインの曲線がそのままリア・ウインドウへと繋がり、特徴的なリア・シルエットを創出する。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-8

“ダブル・バブル”は、1950年代初頭からザガート・デザインのシンボルとみなされているが、本来は空力への影響を最小限に抑えつつ、ヘルメットを着用したレーシングドライバーのヘッドクリアランスを確保するために採用されたデザインであった。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-3室内に目を向けると、アストンマーティン一流のクラフツマンシップの伝統が余すところなく表現されている。

ダッシュボードには、ヘリンボーン・カーボンファイバーとアルマイト処理された暗色ブロンズの組み合わせが採用され、オプションでアニリン・レザーが設定されている。

また、ベントやロータリー・スイッチには豪華な素材クオリティが明確に現れている。Vanquish Zagatoのシートやドアセクションには、ユニークな“Z”パターン・キルトがあしらわれ、Zagatoのイニシャルである“Z”が、ヘッドレストにはエンボス加工で、センターコンソールにはステッチで、それぞれ施されている。

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-20

Vanquish Zagatoは、両ブランドの歴史に新たなページを書き加えると同時に、アストンマーティン・ブランドを代表するアイコン・モデルにふさわしい、真にエクスクルーシブなスポーティングGTに仕上がった。なお顧客への納車は、2017年第1四半期から開始される予定である。

1 最高出力600PS は英国&ヨーロッパ仕様

public-aston-martin-a-limited-production-model-vanquish-zagato20160624-19

アストンマーティン Webサイト
http://www.astonmartin.com/ja To-jump-to-external-page20150401

Tuvichomsaoの関連記事
アストンマーティン、ヴィラ・デステでVANQUISH ZAGATO CONCEPTを公開(2016年5月21日掲載)