ルノー、フレンチスタイルの「カングーキャンプ2018」を開催


ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、カングーオーナーを対象に家族や友人と、その土地の食材を使った美味しい食事を囲み、テロワール(=土地の個性)を楽しむフレンチスタイルのキャンプイベント「カングー キャンプ2018」を、静岡県、千葉県、滋賀県の3県で開催する。

同社によると、この「カングーキャンプ2018」は、キャンプイベント自体を愉しめるのはもちろんのこと、開催地の土地それぞれの個性を満喫できるようレストランガイド「Gault&Millau(ゴ・エ・ミヨ)」の2018年版で「期待の若手シェフ賞」を筆頭に数々の賞を獲得し、料理界で注目を集める田村浩二シェフが、地元食材を使用したアウトドア料理を紹介するという趣向になっている。

3県で開催されるうち第1回目は、静岡県富士宮市麓156で9月29日(土)〜30日(日)の2日間に亘って行われる予定。実施はGOOUT CAMP vol.14の会場内専用特設サイトで併催される。募集台数は35台(1台あたり5人まで)。

参加チケットはイベントWebサイトのカングー キャンプ2018ページ<   >にて発売中だ。参加費は9500円(駐車券+ひとり1泊2日入場券)、追加の同乗者は6500円(ひとり1泊2日入場券/1名)となる。募集台数に達し次第受付終了となる見込み。その他の概要については以下を参照されたい。

カングーキャンプ2018概要
9/29(土)〜30(日)実施分
GO OUT CAMP vol.14 会場内に専用特設サイトを設ける。
※同日開催のGO OUT CAMP vol.14との併催実施。ゆえに左記に関わる注意事項などを確認されたい。<   >
・会場:ふもとっぱらキャンプ場<    >
・開催場所静岡県富士宮市麓156
・募集台数:35台※先着順受付、売り切れ次第終了
・参加費用:車1台+1人:9,500円(税込) 同乗者1人:6,500円(税込)
・チケットに関する問い合わせ< [email protected]   >

10/20(土)〜21(日)実施分
カングー キャンプ 2018 成田ゆめ牧場
・会場:成田ゆめ牧場オートキャンプ場
・開催場所:千葉県成田市名木730
・参加費用、申込方法:詳細決定後、ルノー・ジャポン ホームページ、Facebook、SNS等に掲載。

11/3(土・祝)〜4(日)実施分
カングー キャンプ 2018 マキノ高原
・会場:マキノ高原キャンプ場
・開催場所:滋賀県高島市マキノ町牧野931番地
・参加費用、申込方法:詳細決定後、ルノー・ジャポン ホームページ、Facebook、SNS等に掲載。

参加シェフ:田村浩二
デザイナー兼料理人。食と風土を繋ぎ、エシカルな未来の創造をテーマに、商品、レシピ、メニュー開発、飲食事業の立ち上げなどの分野で活躍。

世界最短でミシュランの星をとって以来、常にシーンの中心で注目を集めてきた白金台の人気店「TIRPSE(ティルプス)」で、2017年から2018年7月末までシェフを務める。

世界的に有名なサンペレグリノ世界ベストレストラン50の2016年ディスカバリーシリーズ(次世代のレストラン、シェフ)に掲載。ミシュランと並び称される、ゴ・エ・ミヨにて、2018年「期待の若手シェフ賞」を受賞など、これまで数々の賞を受賞。また美味しい香水をコンセプトに、食材と香りの斬新な組み合わせを提案するL’Aromatisane.<   >をプロデュースし話題を集める。