次の車検までに車両を乗り換える自動車ユーザーを対象に、目前の車検費用を割引くサービスを開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

残価設定型・新車販売の株式会社ジョイカルジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役:中村 靖弘)は、現在、自家用車を保有しているユーザーで、「今回は車検を取るものの、次回車検までには別のクルマヘの乗り換えを予定している消費者」に対して、直近の車検費用を最大半額にするサービス『乗り換え車検』を、この12月1日からジョイカルグループ71店舗で開始した。

これは時期的に目前に迫っている車検の大型需要期に向けて、今後、車両乗り換えを検討している「車検整備の予定ユーザー」に対して、新車販売の「声掛け商材」として活用するもの。同社では、これを契機に、新車販売の拡大を目指すと云う。

具体的なサービス内容は、「これまで乗っていたクルマで車検を受けたものの、結局、新車に乗り換えてしまい、車検代が勿体なかった」という対象者。

さらに「そろそろ車検だけど、今のところ欲しいクルマも無い、とりあえず今のクルマで車検を受けておこう」または、「次の車検までには、別のクルマに乗り換える予定なので、今回は最低限の車検整備に抑えておこう」と考えているユーザーに対して、ジョイカルジャパンが総額の最大半額に収まる車検サービスを提供していく。

これによりオーナードライバーは、一旦、今乗っているクルマの車検を安価に取得できるため、次に買う新車を選ぶための時間を取ることができ、腰を据えてじっくり意中のクルマを探す事ができるようになる。

ちなみにジョイカルジャパンが、このサービスを提供したいと考えている対象ユーザーは、新車を購入してから7年目、9年目の車検を迎えており、かつ次のクルマへの乗り換えを予定しているオーナードライバーであると云う。

例えば、車両購入から7年目の車検時に、同サービスを利用し、次回車検(9年目)到達までにジョイカルジャパンで、新車に乗り換える予定のユーザーであれば、総額の最大50%オフで車検を提供する。

但しその後、もしも次の2年の間に新車に乗り換えることが無かった場合、その次の車検時に、先に割り引いた分の金額を清算すればOK。ジョイカルジャパンでは、「新車に乗り換えるつもりだけど、とりあえず車検を受けておこうというお客様におすすめです」とコメントしている。

取り扱い店舗は以下の当社ホームページを閲覧されたい。
http://www.joycal.jp/shopsearch/list_ns.html

※なお車検は、2年間安心して乗れる整備内容を前提としている。

※次回の乗り換え予定車種が、今回車検を受ける車(現在の保有車両)の重量から大きく減少する場合、または輸入車など一部車種によっては同サービスの提供ができない場合もある。

※審査により、利用できない場合もある。

一方、同サービス取り扱いを希望している事業者(自動車整備業者、販売業者、買取り事業者)に対しては、同社実施の下記サービス説明会で案内していく。サービス説明会の日程等問い合わせについては、同社事業開発部で回答していく。

【事業者向けサービス説明会】
日時: 2017年1月17日(火)、26日(木)
(両日15時00分~17時30分まで、受付開始14時50分)
場所: 株式会社ジョイカルジャパン本社
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル3F
アクセス:
– JR山手線、都営地下鉄浅草線、東急池上線「五反田駅」より徒歩8分
– 東急目黒線「不動前駅」より徒歩6分
– 東急池上線「大崎広小路駅」より徒歩5分
http://www.joycal.jp/contents/info/access.html 

内容:乗り換え車検を導入するにあたっての必要条件、商品概要、好適事例の紹介など。
説明会の対象者:自動車整備業者、販売業者、買取り事業者

会社概要
会社名: 株式会社ジョイカルジャパン
代表: 代表取締役 中村 靖弘
所在地: 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル3F
設立: 2005年12月
事業内容:フランチャイジー本部の運営及び加盟店の展開
新車・中古車販売事業 等
企業URL: http://www.joycal.jp/index.html 
乗り換え車検半額URL: http://www.joycal.jp/hangaku/shaken/