SUBARU、自動車リサイクル法による2016年度再資源化等の実績


SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づく2016年度(2016年4月~2017年3月)における再資源化等の実績を公表した。

2016年度の実績は、シュレッダーダスト*1(以下ASR)では162,216台から26,000.4トンを回収、25,425.8トンを再資源化した。

よってASR再資源化率は97.8%となり、2016年度法定基準である70%を達成した。

またエアバッグ類は125,813台から、362,214個を引き取り、28,519.8kgをリサイクル施設に投入し、26,696.2kgを再資源化しました。再資源化率は93.6%となり、法定基準の85%を達成している。フロン類は138,382台から34,603.0kgを引き取り、適正に処理を行った。

再資源化に要した費用は1,314,431,626円、資金管理法人から払渡しを受けた預託金は総額1,669,690,263円であり、リサイクル収支は355,258,637円の黒字となった。

また、再資源化に要した費用の他に、自動車リサイクル促進センター*2 の運営関連費用87,223,160円、ASRの再資源化に関連する費用25,477,122円を負担しており、メーカーとしての全体収支は242,558,355円の黒字となった。

SUBARUは自動車メーカーが主体で結成するART(自動車破砕残さリサイクル促進チーム)の一員としてシュレッダーダストの再資源化に取り組み、2011年5月にシュレッダーダストの埋立て処理ゼロ化を達成、現在も継続している。

今後もSUBARUは使用済自動車から発生するASR、エアバッグ類、フロン類の3品目の引取・再資源化が確実かつ円滑に行われるよう取り組み、高い水準のリサイクル率を安定的に維持することを目指すとしている。

SUBARU自動車リサイクル法について:
 

*1: 使用済自動車から有用資源を回収した後に残る破砕残さ
*2: 自動車リサイクル法で資金管理法人・情報管理法人の指定を受けている公益財団法人