SUBARU、人とくるまのテクノロジー展2017出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、5月24日~26日にパシフィコ横浜で、6月28日~6月30日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2017」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展する。

<出展概要>
「新型インプレッサ」 「スバルグローバルプラットフォーム」
乗る人すべてに最高の“安心と愉しさ”を提供することを目指して開発し、自動車アセスメント(JNCAP※1)において、2016年度「衝突安全性能評価大賞※2」および「衝突安全性能評価特別賞※3」を受賞した「新型インプレッサ」と、このコンセプトを具現化するため開発した「スバルグローバルプラットフォーム」を展示する。

大きく進化した安全性能と走行性能の技術を、動画、パネルで解説し、飛行機研究所(後の中島飛行機)創業からの100年を振り返る映像で、SUBARUのこれまでの歴史を紹介していく。

また、自動車技術会創立70周年特別企画として、「スバル360デラックス(1962年)」を出展し、時代の転換期を革新技術で乗り越えてきたSUBARUの技術の歴史を紹介するとともに、同時に開催される試乗会では「新型インプレッサ」の魅力を伝えていく構え。

※1: Japan New Car Assessment Program、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント
※2: 衝突安全性能評価ファイブスター賞対象車種で、衝突安全性能評価の得点がこれまでの最高得点を超えた車種に与えられる賞
※3: 特筆すべき安全装置を初めて備えた車種に与えられる賞