スバル、新型「インプレッサ」の国内仕様車を公開


subaru-at-the-closing-press-conference-to-speak-and-it-is-possible-to-automatic-operation-of-the-highway-in-2020-20150509-10-min

スバル初の歩行者保護エアバッグと、アイサイト(ver.3)を全車に標準装備

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、同社が今秋発売を予定している新型「インプレッサ」*1(国内仕様車)を7月26日に公開した。

subaru-the-new-impreza-the-domestic-specifications-car-public20160726-3

第5世代となる新型インプレッサは、富士重工業が中期経営ビジョン「際立とう2020」*2において次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車となる。

同社によると、スバルユーザーに最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”を投入。「総合安全性能」*3と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現したと述べている。

subaru-the-new-impreza-the-domestic-specifications-car-public20160726-2

上記の「総合安全性能」の向上とは、スバル初となる歩行者保護エアバッグとアイサイト(ver.3)の全車標準装備に加え、新プラットフォーム採用により危険回避性能向上と、衝突エネルギー吸収量を現行車比1.4倍とし、衝突安全性能を飛躍的に高めたことを指している。

一方、「動的質感・静的質感」では、見て、触れて、走って、乗って感じるすべてを、人々の心動かす領域まで仕上げることを目指したとしている。

具体的に動的質感に於いては、左記の通りの新プラットフォームを採用したことで、ボディとサスペンションの剛性が大幅に向上。これにより不快な振動騒音が無く、思い通りに走り、快適な乗り心地を実現したとしている。

subaru-the-new-impreza-the-domestic-specifications-car-public20160726-4

静的質感については、同社が次世代車両開発にあたって温めてきた新デザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID” を量産モデルとして初採用している。

これらにより、機能性とデザイン性を両立し、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることで、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現したと云う。

なお同社、「SUBARUオフィシャルWEBサイト」では、7月26日10時より専用サイトを開設し、新型インプレッサのティザー画像をはじめ関連する情報を順次配信していく構えだ。

subaru-the-new-impreza-the-domestic-specifications-car-public20160726-5

<新型インプレッサ専用WEBサイト>
 To-jump-to-external-page20150401

*1:「紋章」「金言」などの意を持つ英語“Impresa(インプレイザ)”から の造語。スバル伝統のテクノロジーをベースに、若さ、軽快さ、スポーティさなどのイメージを付加し、新鮮な印象(=Impression)を与えるクルマ、の思いを込めてネーミング
*2: 2014年5月発表
*3: 「0次安全」・「走行安全」「予防安全」・「衝突安全」
2016_0725_1

【スバル インプレッサ(プロトタイプ)主要諸元表】 ※数値はすべてプロトタイプ仕様の参考値となる。subaru-the-new-impreza-the-domestic-specifications-car-public20160726-1