住友ゴム工業、第87回ジュネーブ国際モーターショーに「FALKEN(ファルケン)」ブースを出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)は、3月9日(木)から19日(日)までスイス・ジュネーブで開催される「第87回ジュネーブ国際モーターショー」にFALKEN(ファルケン)ブースを出展する。

今FALKEN(ファルケン)ブランドのブースでは、最新のFALKEN商品ラインアップの他に、タイヤ製造技術における「超高精度」を追求した次世代新工法「NEO-T01」や、空気充填が不要のためパンクが発生しないエアレスタイヤテクノロジー「GYROBLADE(ジャイロプレイド)」、タイヤ内部の空洞共鳴音を低減する「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」搭載タイヤを展示し、FALKENの先進テクノロジーを世界に向けて紹介していく。

区吠えてプレスデーには、5月に行われる「ニュルブルクリンク24時間レース」の参戦体制と新型車両の発表を行うと共に、今年から欧州で発売予定の「ECORUN A-A(エコラン エー エー)」を発表する。

この商品は、ドイツで開催された「Tire Technology Expo 2017」に於いて「Tire Technology of the Year」を受賞した当社独自の新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を、FALKENブランドでは初めて採用しており、低燃費・グリップ・耐摩耗性能という相反性能であるタイヤの三大性能を高い次元で両立している。

「ジュネーブ国際モーターショー」
■会期:プレスデー 3月7日(火)、8日(水)
一般公開日 3月9日(木)~19日(日)
■会場:Palexpo
■ブース位置:ホール6、6328ブース
■プレス発表会日時:3月7日 午前8時~(現地時間)

製品・イベントに関する問い合わせ先
タイヤお客様相談室:TEL:0120-39-2788