日本企業のサン電子、イスラエルのARスタートアップ会社に出資

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ARプラットフォーム開発、InfinityAR社の株式取得

モバイルデータ事業並びにモバイルアブリケーションの開発・配信等を展開するサン電子株式会社(本社:愛知県江南市、代表取締役社長:山口正則、以下サン電子)は、4月8日、拡張現実(AR)プラットフォームを提供するイスラエルのスタートアップ企業のInfinity Augmented Reality,Inc.(以下、InfinityAR社)の第三者割当増資に応じ、同社既存株式の33.5パーセントにあたる2.6百万米ドル(148,972,855株)の出資を決定したと発表した。

カーナビゲーションやウェアブル端末等の応用拡大も視野に

サン電子株式会社では、今後、急速に拡大が見込まれるAR市場において、カーナビゲーションやウェアブル端末等において身近な応用例が広がっていくものと見込んいる。

sun-denshi-and-invested-in-ar-startup-of-israel20150417-2-min

そのためInfinityAR社の先進技術への投資を決定したと見られる。本件に伴い、InfinityAR社へ同社役員派遣を予定しているという。

sun-denshi-and-invested-in-ar-startup-of-israel20150417-min

2台のカメラからの差分を現実空間に取り込む技術

InifinityARのAR技術は、2台の左右離れたカメラをセンサーとし、左右で捉えた画像の差分から現実空間を3Dで取り込むことができ、併せて物体の動きを捉えることができる特徴がある。

より具体的にはソフトウェアベースの拡張現実エンジン製作を得意としているため、拡張コンテンツと相互にコミュニケーションが取れるコンテンツを実現することが可能という。

sun-denshi-and-invested-in-ar-startup-of-israel20150417-3-min

つまり3D環境をリアルタイムでマッピングして、まるでその場面が現実世界の一部であるかのように見せていくことができる訳だ。さらに、ユーザは自然な手の動きで拡張現実コンテンツを操作することができるようになるともいう。

また複雑なセンサーを必要とすることなく、2台のカメラだけで、パワフルなコンテンツ拡張プラットフォームを構築できることが大きな特長のひとつだ。

これらはシンプルなシステム構成により電力消費を極力抑えた方法で実現できるため、移動体領域では大きな優位性となると見込んでいる。(坂上 賢治)

技術関連記事
富士通テン、車両全周囲立体モニタの技術で科学技術賞
トヨタ、新型1.2L直噴ターボエンジンをオーリスに初搭載
日産のアラウンドビューモニター技術が遠隔操作無人探査機に
ホンダエアロインクの航空エンジン工場がFAAから製造認定取得
トヨタ、水素・燃料電池自動車の世界技術規則対応業者に登録
マツダのクリーンディーゼル、文部科学大臣表彰を受賞
ホンダ、日本強靭化大賞2015で優秀賞を受賞
ホンダ、ハイブリッドシステムが科学技術賞

その他の新着記事
スバルレヴォーグに見る車の未来。全方位危険察知機能、国内初
トヨタ、メキシコで新工場を建設、中国でも生産ラインを新設へ
日産エルグランドに新グレード「250ハイウェイスターS」追加
スバル、新型CROSSOVER 7(クロスオーバーセブン)を発売
デンソー、日本自動車部品総合研究所を愛知県日進市に移転
埼玉県、東京都、神奈川県に続きFCV購入者に補助金支給へ
ブリヂストン、上海国際モーターショー 2015に出展
ホンダ、N-WGN/N-WGN CUSTOMを改良・17日発売

TuvichomsaoサイトTOPに戻る