スズキ、海外事業の好調で売上高3兆円を回復。但し営業利益は6期振りの減益に

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

suzuki-in-march-2015-period-earnings-announcement20150512-2-min

スズキ、2015年3月期決算発表。年間配当は配当性向15%を目途に3円増配に

スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、社長:鈴木修、以下スズキ)は、5月11日、2015年3月期決算を発表した。

発表された本決算内容によると、グループ全体の決算において、売り上げが3兆154億円と、前年より2パーセント増。

一方で、営業利益は4パーセント減の1794億円となった。これは日本を含む世界全体で、販売台数を伸ばしたものの、それらに伴う販売費用が増えたこと。

また約200万台のリコールに伴う費用を計上したことなどで、営業利益がリーマンショック以来6年振りの減少に転じたため。

同社では、これを受けて来年3月期について、軽自動車税の増税の影響等を勘案し、国内販売の計画を、前年度比から14パーセント引き下げたものの、インドなど海外での販売拡大が見込まれる(インド子会社のマルチ・スズキは前期決算で最高益)として、全体としては増収増益となる見通しとした。

suzuki-in-march-2015-period-earnings-announcement20150512-3-min
インドなど海外での販売拡大が見込まれるため、全体としては増収増益となる見通し。写真はマルチ・スズキにおける販売車、ALTO K10

なお今期連結業績予想では、すべての利益で2期ぶりの過去最高となる見通し。連結営業利益予想は、前期比5.9%増の1900億円。売上高は先の通りで、3兆円台を2期連続で見込んでいる。

鈴木修会長は、会見の席上で、「未来に向けて生き残るために、売上高と利益の二兎を追う」と、語るものの、決して急成長は追わず、「竹の節ような1000億円程度の純益作りをやっていく」という。

また国内市場に関しては、「今更、軽自動車税の増税の影響をあれこれ言っても仕方がない。来期に向けて、軽自動車の燃費の良さをセールスポイントにしていきたい」と述べた。

本決算概要は以下の通り

1.2015年3月期決算の業績概況
当期の連結売上高は、3兆155億円と前期に比べ、772億円(2.6%)増加し、リーマンショック後に落ち込んでいた売上高を3兆円まで回復することができました。

国内売上高は、四輪車の減少により1兆946億円と、前期に比べ381億円(3.4%)減少しましたが、海外売上高が、インドでの四輪車の売上増加等により1兆9,209億円と、前期に比べ1,153億円(6.4%)増加しました。

連結利益の面では、営業利益はインドネシア、タイでの減益をインドでの増益でカバーしたものの、国内外での営業諸費用の増加等により1,794億円と前期に比べ83億円(4.4%)の減少となりました。

経常利益は、1,943億円と前期に比べ35億円(1.8%)の減少、当期純利益は少数株主利益の控除が増加したことなどにより969億円と、前期に比べ106億円(9.9%)の減少となりました。

なお、期末配当金につきましては、前期に比べ減益ではありますが、連結配当性向15%を目途に1株につき前回予想値から3円増配し、17円(前年期末配当金14円)とさせていただく予定です。

この結果、年間配当金は27円となり、前期に比べ3円の増配となります。

2.各セグメントの状況
四輪車事業につきましては、国内売上高は「ハスラー」が2015年次RJC カー オブ ザ イヤー他、多くの賞を受賞するなどお客様にご好評を頂き、また、ガソリン車No.1燃費を達成した新型「アルト」、広さ、低燃費、使いやすさを追求した軽ワンボックス「エブリイ」、「エブリイワゴン」の発売など商品力を強化し拡販に努めてまいりましたが、消費税率引上げに伴う反動減もあり、前期を下回りました。

海外売上高は、インドでの増加等により前期を上回りました。この結果、四輪車事業の売上高は2兆7,020億円と前期に比べ863億円(3.3%)増加しました。

営業利益は、インドでの増益があったものの日本やインドネシア、タイでの減益等により1,718億円と前期に比べ75億円(4.2%)減少しました。

二輪車事業につきましては、売上高はアジアでの販売減少等により2,505億円と前期に比べ161億円(6.0%)減少しました。営業利益は前期の1億円から営業損失7億円となりました。

特機等事業の売上高は、欧州や北米での船外機の売上増加等により630億円と前期に比べ70億円(12.5%)増加しました。営業利益は83億円と前期並みとなりました。

所在地別の営業利益につきましては、アジアがインドネシア、タイなどでの減益をインド四輪でカバーし816億円と、前期に比べ222億円(37.3%)増加しましたが、日本が国内外の販促強化や品質費用の増加等により907億円と前期に比べ438億円(32.6%)減少しました。

3.次期の連結業績予想
次期は国内軽四輪の需要減が想定されるものの、インドをはじめ海外での販売増加等により当期に比べ増収増益を見込みます。

当社グループは、一丸となってあらゆる分野での改革に取り組み、以下の連結業績予想を達成すべく事業活動を展開してまいります。

suzuki-in-march-2015-period-earnings-announcement20150512-1-min

その他の記事(新車関連)
日産LANNIA、上海国際モーターショー2015でアワード受賞
トヨタ、SAI改良、世界初のスーパーUV400カットガラスを採用
VW、新6リッターエンジンのW12 TSIをウイーンで公開
ダイムラー、米公道における大型トラックの自動運転実験を開始
メルセデス・ベンツ、AMG GTの受注開始。価格1462万円から

ボルボ、女性誌人気モデル五明祐子さんセレクトの限定車を発売トヨタ、I-ROADの実用化プロジェクトでモニター参加を募る
トヨタ、ウィッシュのCVTを一部改良して5月7日から発売
アルトターボRS試乗、実は上級セグメントの市場を奪うクルマNEW シトロエンDS5、フランス本国でデビュー

FIAT、純白ボディでやわらかレザー内装の500 Perlaを発売
FIAT 500C Tetto Rosso発売、5月16日より限定50台
ダイハツ、ムーヴとタントに「スマートアシストⅡ」を搭載
アルファ・ロメオ、ジュリエッタスプリントに2台の特別仕様車マツダ、デミオ Mid Century / Urban Stylish Mode発売

日産デイズ ルークス エマージェンシーブレーキ全グレード標準化マツダ、特別仕様車ベリーサNoble Coutureを発売
ホンダ、VEZELの装備拡充・4WD車の設定追加
メルセデスベンツ、E 250クーペ/カブリオレの本革シート標準化BMW 「M」に限定車、3シリーズM Sport Style Edge登場

ホンダ、新型ステップ ワゴン、ステップ ワゴン スパーダ販売開始
トヨタ、中国開発のカローラ&レビンハイブリッドを発表

その他の記事(モータースポーツ)
全日本ラリー第2戦、JN6はスバル表彰台独占、JN5はプジョー208初勝利
SUPER GT第2戦・富士、勝利の女神は日産勢に微笑む
WEC第2戦スパ6時間レース、アウディ薄氷の勝利
富士GT500予選、MOTUL AUTECH GT-R脅威のレコードタイム
全日本ラリー第2戦SS総距離100km超、標高1500m超の戦い
ポルシェ、カレラカップジャパン2015モービル1ラウンド3&4富士、レーシングドライバーを講師にサーキットレッスンを実施
ジェイ・スポーツ、ニュルブルクリンク24時間耐久レース生中継
ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レース参戦発表
ポルシェ カレラカップジャパン2015富士、スタート直前

WRCアルゼンチン、シトロエン勝利。クリス苦節13年目の初勝利プーマ、レッドブルF1チームとのパートナーシップを発表
WEC第2戦、ポルシェ919ハイブリッドは初の3台体制に挑む
スバル、ニュルブルクリンク24時間パブリックビューイング開催
求人情報サイトAN、DODAでプロレーサー募集中6/15まで

VW、ピエヒ会長辞任。モータースポーツ活動に変化はあるか
SUPER GT第2戦、富士専用空力仕様でハイスピードバトルに挑む

その他の記事(イベント)
フォルクスワーゲン、東京お台場でVolkswagen Fest 2015を開催
福井でクルマとオーディオのコラボイベント開催5/16・17
ファルケン、空のF1・レッドブルエアレース千葉2015に出展
いすゞ、六本木AXISビルで「いすゞデザインこころみ展」開催
人とくるまのテクノロジー展2015、パシフィコ横浜で開催5/20

東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始、民間初
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催
プジョー、PEUGEOT LION MEETING 2015、5/30開催

その他の記事(話題)
フォルクスワーゲン、世界首位を視野に商用車事業を統合
オートバックスセブン、中期経営計画を見直し
JAF、ゴールデンウイーク期間中の出動件数は5万5832件
輸入車だけのモーターショー、SISインポートカーショー2015
運転テクニックアンケ、女性は「合流」・若者は「駐車」が苦手

パイオニアとレコチョク車向け定額音楽ストリーミングサービス
日産ティアナ、JNCAP安全性能総合評価でファイブスター賞受賞
中国のNinebot、米国・Segwayに全額出資し、子会社化
スバル、決算会見で2020年に高速道路の自動運転を可能にと発言スバルのラインナップ車、2014年度ファイブスター賞獲得

ヤマハ、インドで感度の高い若者に向けたお洒落スクーター発売アウディ、愛車のトランクに宅配便を届けるサービスを開始
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用に着手理研、太陽光エネルギーを水素へ変換する安価なシステム実現へスマートフォンをドローンにする「Phone Drone」出資者募集中

国土交通省、高速道路の渋滞ワーストランキングまとめるTESLA、住宅用バッテリーPowerwallを今夏発売、価格は36万円次世代自動車に前向き、期待企業はトヨタ、注目技術は自動運転ドゥカティスクランブラー コンセプトストア原宿にオープン
東レ、独で樹脂新会社設立、米でも樹脂テクニカルセンター増設

セーレン、自動車シート材の一括生産を目指し中国に新会社設立産総研、新技術で扱い難い水素貯蔵・運搬の突破口を開く
JAFが再現、逆走車の恐怖。続編動画を公開
トヨタ、中長期保有前提の「AA型種類株式」の発行に動く
週刊「NISSANスカイライン2000 GT-R KPGC10」先行予約開始

オートバックスセブン、車買取・販売の新訴求CMを開始
日産、JUKE by YOUの最優秀作品を正式発表
スズキの欧州販売車VITARAが、ユーロNCAP評価で5つ星を獲得

TuvichomsaoサイトTOPに戻る