国土交通省、「道の駅にしかた」を拠点に自動運転サービスの実証実験をスタート

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、山間部の「道の駅」を拠点に、複数拠点で自動運転サービスの実証実験を計画している。これは高齢化が急激に進行する中山間地域に於ける人流・物流の確保を求め、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの社会実装を目指しているもの。

具体的には2020年向けて、ビジネスモデルの具体化を目指しフィージビリティスタディ(机上検討)を行う箇所として、5箇所を選定。これを含めた全国13箇所で順次、実証実験を行う計画だ。

そして今回、全国で最初の実証実験として道の駅「にしかた」(栃木県栃木市)を選定。ここでの実証実験を9月2日(土)から開始する。

なお、実証実験期間中(事前の準備期間含む)、道の駅「にしかた」の周辺道路の一部が交通規制される。

[実験開始式]
1.日 時 : 平成29年9月2日(土) 14時30分から
2.会 場 : 道の駅「にしかた」多目的広場
(栃木県栃木市西方町元369-1)
3.主 催 : 道の駅「にしかた」を拠点とした自動運転サービス地域実験協議会
4.概 要 : 挨拶、実験概要説明、実験車両説明、テープカット、実験車両試乗等。※雨天等により実験車両の試乗走行を行わない場合がある。

※この実験は、内閣府戦略イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクトの1つとして実施される。