タイムズ24・福岡市交通局、交通ICカードとカーシェアリングの連携拡大

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市交通局と、タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、12月1日より、福岡市内全ての「タイムズカープラス」170か所・350台以上を交通ICカード「はやかけん」で利用できるようにした。

通常「タイムズカープラス」の利用時には、会員カードの携帯が必須となっていたが、同サービスは「はやかけん」を会員カード同様に、車両のドアロックの解錠・施錠に利用できるようになった。

これまでは、「レール&カーシェア」サービスの適用駅である福岡市地下鉄姪浜駅・馬出九大病院前駅に配備している車両のみが上記サービス対象だったが、12月1日より福岡市内に設置しているカーシェアリング車両すべてが対象となった。自治体全区域を対象とした当該サービスは全国初の試みとなる。

このサービスのために「【はやかけん対応】カーシェア無人入会機」を福岡市地下鉄博多駅と天神駅に設置する。これは「はやかけん」を鍵として登録するだけでなく、免許証とクレジットカード、携帯電話があれば、その場で入会・カード発行が可能であることから、カーシェアリングのご利用がより容易になると見込まれている。

また、2015年12月1日には、福岡市地下鉄藤崎駅および箱崎九大前駅に「タイムズカープラス」のステーションがオープンした。これにより福岡市地下鉄空港線・箱崎線の全駅周辺で「タイムズカープラス」が利用できるようになった。今後は、同七隈線全駅への配備を進めるほか、既設駅周辺のステーション及び車両の増設も進めていく構えという。