豊田合成、後付け可能な「トラック向け脇見、居眠り警報ハンドル」を開発

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑 直樹)は3月22日、既販トラックの事故防止に貢献することをねらいに、ドライバーの危険動作(脇見、居眠り)を検知し、警報する後付けシステムを開発した。

toyoda-gosei-retrofit-possible-track-for-inattentive-snooze-alarm-handle-develop20160323-2

このシステムは、既存のハンドルから交換する「カメラ付きハンドル」(図(1))と、専用アプリを搭載した「スマートフォン」(図(3))で構成され、カメラで撮影した画像をスマートフォンに送信し解析(図(2))。一定時間の脇見、居眠り(閉眼)を検知した場合に、警報を鳴らしドライバーに注意を促す。

また、スマートフォンの通信機能を使って、位置情報システムや、ドライブデータの解析等、様々な活用が可能だ。

既に2014年から、同社グループ会社のTGロジスティクス株式会社(本社:愛知県一宮市)のトラック15台に本システムを搭載し、累計走行距離約10万km以上の実証試験を行い、一定の効果を得られた。

今後は、物流委託先(TGロジスティクス含む)へ展開するとともに、その他のトラック事業者への販売に向けた検討を開始する。

なお、このシステムは愛知県の「平成24,25,27年度 新あいち創造研究開発補助金」の助成を受け、開発したものだと云う。

豊田合成では、「今後も世界のお客様のニーズに合った製品開発を通じ、選ばれるグローバルサプライヤーを目指していきます」と語っている。