トヨタ紡織、モビリティー要素技術で「CES2019」に初出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:沼 毅)は、2019年1月8日(火)から1月11日(金)に、米国ネバダ州ラスベガス市で開催される「CES 2019」に初出展する。

出展にあたってトヨタ紡織では、「世界中のお客様に最高のモビリティーライフを提案し続ける会社として、“QUALITY OF TIME AND SPACE”-すべてのモビリティーの中で人が過ごす、より上質な時間や空間の提供を目指しています。

今回のCES 2019では、モビリティーで過ごす移動時間やライフスタイルを変え、モビリティーの快適価値を高める数々の提案を、その要素技術とともに紹介します」と話している。

1.主な展示品
1)車室空間モデル「AceS※1(エーセス)」
自動運転レベル4を想定した車室空間モデル。乗員一人一人に快適を提供する空間を提案する。

内装やシートで乗員の生体情報を検知して眠気や感情を推定する技術や、状況に応じて音楽や光などで人の五感を刺激し、安心・快適を提供する技術を紹介していく。

2)車室空間モデル「MOOX※2(ムークス)」
自動運転レベル5を想定した車室空間モデル。ビジネスやエンターテインメントなど様々なサービスで空間活用されることを想定し、自由自在なシートレイアウトで必要な機能を配置した空間です。乗員の行動や状況に応じた五感刺激でサービス価値を向上を目指す。

2.出展場所
Tech East 、Westgate ブース番号1901

CES出展に関する特設サイト https://www.toyota-boshoku.com/jp/special/ces2019/ 

※1:Active Comfort Engaging Space
※2: MOBILEとBOXを合わせ、移動時間を自在に活用できる個室を意味する造語