トヨタレンタカーサイト多国語対応開始。3時間レンタカーも開始


トヨタレンタカーサイト、新たに中国語・韓国語に対応

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)のトヨタレンタカー公式サイト「トヨタレンタ楽ティブ」が、このほど英語に加え、新たに中国語・韓国語にも対応した。

toyota-car-rental-site-multilingual-start20150420-2-min

この度に併せて、デザイン・構成も刷新して、「海外のお客様を積極的にお迎えする」という。なお同ページには、レンタカーでの日本の楽しみ方や、日本の交通法規を分かりやすく紹介する動画(本記事巻頭に中国版リンク)も掲載している。

toyota-car-rental-site-multilingual-start20150420-3-min

(PC・スマホ両対応)
: https://rent.toyota.co.jp/eng/
 https://rent.toyota.co.jp/zh-tw/
 https://rent.toyota.co.jp/ko/

ちょい乗りに便利。3時間レンタカーも開始

また近年、レンタカーに比べ、より手軽に自動車を借りることができるカーシェアリングが浸透し始めているなか、「短時間だけレンタカーを使いたい」というユーザー層に合わせて、ちょい乗りに便利な3時間レンタカーも開始した。

toyota-car-rental-site-multilingual-start20150420-1-min

小規模な引越しや、急な送迎用途など、多様な利用ニーズに対応していくという。ただし利用にあたっては諸条件があるため、詳細は確認されたし。

利用条件の一部)
・予約はご出発日の前日から、お電話もしくは、店頭で受付。
※インターネットからのご予約はできない。
※ラク楽eメンバー特典(ラク楽eメンバー割引、レンタカーマイルの付与、及びご利用)はご利用できない。
・HV、P、W、Tクラスは、各種割引適用外となる。
その他、ご利用に関する注意事項はWebサイトにて。

【その他の新着記事】ニューモデルスバル レヴォーグに見る車の未来。全方位危険察知機能、国内初ホンダ、新型コンパクトワゴン「SHUTTLE」をWEB上で先行公開日産エルグランドに新グレード「250ハイウェイスターS」追加
スバル、新型CROSSOVER 7(クロスオーバーセブン)を発売
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始

トピックス
ダンロップ、ハイグリップタイヤのDIREZZA ZII★ベータ02発売
パナソニック、ストラーダシリーズに操作性を重視した新製品
ファミリーマート650店にEV・PHVの急速充電器が設置
ホンダ、台湾の二輪車市場に再参入。大型車販売の開始を発表

TuvichomsaoサイトTOPに戻る