トヨタ、米国でテレマティクス自動車保険サービス会社を設立

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタのデータ・金融・保険ノウハウを集約し、ユーザーに対して最適なテレマティクス保険サービス提供を目指す

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 : 金杉恭三、以下AD)、トヨタファイナンシャルサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:犬塚力、以下TFS)、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男、以下、トヨタ)の3社は、2016年4月1日、共同出資会社トヨタインシュランスマネジメントソリューションズUSA, LLC(以下、TIMS)を設立した。

この共同出資会社は、トヨタのビジョンである、安全・安心・便利なモビリティ社会の構築に保険面で貢献していくために設立されたもの。

ADとTFSは各々の米国子会社を通じて出資し、トヨタは本年1月に米国に設立したトヨタコネクティッドInc.(以下、TC)を通じて出資を行う。

新会社は、TCの最先端のデータ分析、TFSの金融とADのテレマティクス自動車保険等の各社が持ち寄ったノウハウを集約させることで、より良い保険サービスの提供を目指していくとしている。

具体的に米国内に於いては、カリフォルニア州南部のTFS米国拠点付近で、TIMSはトヨタユーザーのテレマティクス自動車保険の開発支援を行うと共に、販売店・ディストリビューターと一体となって、顧客満足度の高い新サービスの提供に貢献していくと云う。

そのために、TIMSは保険分野でのビッグデータの分析とアルゴリズムの開発、あわせてマーケティング等の活動も進めていく構えだ。

ちなみにTFSとADは、こうした金融と保険が一体となったサービスを1990年代より世界各地において共同で展開しており、その培った経験とノウハウを集約し、米国で新たにサービスを開始してく。

またTCは、トヨタが製品群ごとのカンパニー制に移行する中、つながる技術とデータサイエンス分野のグローバルな発展に向け設立された。

今後、コネクティッドカーが普及するに従い、走行データと金融、保険の関係はより一層緊密である必要があり、TIMSの3社による共同設立はそれを具現化したものとなる。

TIMSは米国での展開を手始めに、トヨタのグローバル事業と連動した展開も視野に入れている。また、蓄積する保険データを活用し、トヨタが人工知能やロボティクス分野の研究拠点として設立したToyota Research Institute, Inc.とも連携していく予定だ。

新会社の概要
社名:Toyota Insurance Management Solutions USA, LLC
所在地:米国カリフォルニア州(事業の本拠地)
資本金:9百万ドル
出資率:
Aioi Nissay Dowa Insurance Services USA Corporation 50%
Toyota Financial Services Americas Corporation 45%
Toyota Connected, Inc. 5%