トヨタ自動車・豊田章男社長、FM局でラジオレギュラー番組を開始


FM局、ZIP-FMでラジオレギュラー番組を開始。「DJ MORIZO HANDLE THE MIC」が8月4日(土)19:00より放送開始

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田章男)は8月3日、同社取締役社長の豊田章男氏が「DJ MORIZO」としてラジオレギュラー番組「DJ MORIZO HANDLE THE MIC」のミュージック・ナビゲーターを担当すると発表。8月4日19時より初のレギュラー番組としての放送が開始された。

DJネームに使われたMORIZO(モリゾウ)は、豊田章男氏がレース競技やイベントに於ける際に使われる言わば「ドライビングネーム」今回は新番組の「DJ MORIZO」として毎週土曜日の午後7時から30分間の番組ナビゲーターを務めるもの。

そもそもこの番組開始は、今年5月6日(日)のゴールデンウィークに合わせた特番として組まれ、章男氏のドライビングネーム「MORIZO」発祥の由来などが語られた他、ラジオ番組へチャレンジした経緯など様々な話題が披露された。

結果、放送後のリスナーからの反響により、局側が豊田社長にレギュラー番組への続投をアプローチしたのが切っ掛けとなったと云う。(下の動画は5月放送時の様子・その際の楽曲放送中のメイキング風景も愉しめる。但し約60分の長尺なので注意)

放送局は、東海エリアのFM局である株式会社ZIP-FM(ジップエフエム、愛知県名古屋市中区、旧社名・株式会社エフエム名古屋)からの放送であったが、5月の特番ではスマートフォンアプリ「Radiko(ラジコ)」を聞いたリスナーなどから想定外の反響があり、今回のレギュラー放送に繫がった。

8月5日の本放送では、7月29日(日)に行われた2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・フィンランドで、豊田章男自身がレポーター役となってオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC #8号車)の今季2勝目を挙げた様子が語られた。

なお次週土曜日の2回目の放送では、中嶋 一貴、小林可夢偉両選手と独・ニュルブルクリンクでのドライビングレポートの様子がオンエアされる予定だ。

番組概要
放送局:ZIP-FM 77.8
番組名:DJ MORIZO HANDLE THE MIC
放送日時:毎週土曜日 19時00分~19時30分
ミュージック・ナビゲーター:DJ MORIZO
アシスタント:遠近由美子
 
ZIP-FMでの聴取は、愛知県全域と岐阜県、三重県の一部地域のみ可能。
ラジコ(radiko.jp)のプレミアム会員は地域以外でも聴取可。
放送内容は後日「 」でも配信予定。