トヨタ、2016年3月期・第2四半期連結業績の概要

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

toyota-march-and-2014-production-domestic-sales-and-export-performance20150424-1-min

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)は11月5日、2016(平成28)年3月期・第2四半期決算を発表した。

発表に関わる経営成績並びに、財務状況に関する抜粋は以下の通り。

1.経営成績に関する説明
(1) 業績の状況
当第2四半期連結累計期間における日本、海外を合わせた自動車の連結販売台数は、427万8千台と、前年同四半期連結累計期間に比べて19万9千台 (4.4%) の減少となりました。

日本での販売台数については、98万4千台と、前年同四半期連結累計期間に比べて4万6千台 (4.4%) の減少となりました。

海外においても、329万4千台と、前年同四半期連結累計期間に比べて15万3千台 (4.4%) の減少となりました。

当第2四半期連結累計期間の業績については、売上高は14兆914億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて1兆1,458億円 (8.9%) の増収となり、営業利益は1兆5,834億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて2,314億円 (17.1%) の増益となりました。

営業利益の増減要因については、増益要因として、為替変動の影響が3,050億円、原価改善の努力が1,400億円、その他の要因が164億円ありました。一方、減益要因として、諸経費の増加ほかが1,700億円、販売面での影響が600億円ありました。

また、税金等調整前四半期純利益は1兆6,751億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて1,659億円 (11.0%) の増益、当社株主に帰属する四半期純利益は1兆2,581億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて1,312億円 (11.6%) の増益となりました。

(2) 事業別セグメントの状況
①自動車事業
売上高は12兆8,829億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて9,356億円 (7.8%) の増収となり、営業利益は1兆3,913億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて2,510億円 (22.0%) の増益となりました。営業利益の増益は、為替変動の影響および原価改善の努力などによるものです。

②金融事業
売上高は9,499億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて1,726億円 (22.2%) の増収となりましたが、営業利益は1,658億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて186億円 (10.1%) の減益となりました。営業利益の減益は、販売金融子会社において、金利スワップ取引などの時価評価による評価損が計上されたことなどによるものです。

③その他の事業
売上高は5,515億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて36億円 (0.7%) の減収となり、営業利益は272億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて11億円 (4.1%) の減益となりました。

(3) 所在地別の状況
①日本
売上高は7兆2,221億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて3,713億円 (5.4%) の増収となり、営業利益は9,582億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて2,394億円 (33.3%) の増益となりました。営業利益の増益は、為替変動の影響および原価改善の努力などによるものです。

②北米
売上高は5兆5,307億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて1兆310億円 (22.9%) の増収となりましたが、営業利益は2,753億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて372億円 (11.9%)の減益となりました。営業利益の減益は、諸経費の増加ほかおよび販売金融子会社において、金利スワップ取引などの時価評価による評価損が計上されたことなどによるものです。

③欧州
売上高は1兆3,093億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて565億円 (4.1%) の減収となり、営業利益は302億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて29億円 (8.9%) の減益となりました。

④アジア
売上高は2兆4,410億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて584億円 (2.5%) の増収となり、営業利益は2,441億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて312億円 (14.7%) の増益となりました。営業利益の増益は、為替変動の影響および原価改善の努力などによるものです。

⑤その他の地域 (中南米、オセアニア、アフリカ、中近東)
売上高は1兆1,848億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて212億円 (1.8%) の減収となり、営業利益は668億円と、前年同四半期連結累計期間に比べて110億円 (14.2%) の減益となりました。営業利益の減益は、諸経費の増加ほかなどによるものです。

2.連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
最近の業績動向等を踏まえると、通期の販売計画を見直した影響等があるものの、外国為替相場の変動等により、現時点における2016年3月期 (2015年4月1日から2016年3月31日) の連結業績の見通しにつきましては、下記のとおりです。なお、為替レートは、通期平均で1米ドル=118円、1ユーロ=133円を前提としています。

連結業績の見通し (通期)
売上高 27兆5,000億円 (前期比増減率      1.0%)
営業利益 2兆8,000億円 (前期比増減率      1.8%)
税金等調整前当期純利益 2兆9,800億円 (前期比増減率    3.0%)
当社株主に帰属する当期純利益 2兆2,500億円 (前期比増減率    3.5%)

toyota-outline-for-the-year-ended-march-31-the-second-quarter-consolidated-results-201620151106-1toyota-outline-for-the-year-ended-march-31-the-second-quarter-consolidated-results-201620151106-2

第2四半期決算情報 (2015年11月5日)
決算要旨(PDF:380KB/全21ページ)PDF
補足資料(連結・単独)(PDF:200KB/全4ページ)PDF
決算説明会プレゼンテーション資料(PDF:1.52MB/全32ページ)PDF

決算説明・音声配信サイト