米・トヨタリサーチインスティテュート、ミシガン州に自動運転の新施設


公道上では実施困難なエッジケースのテストを実施、ガーディアン・モード(高度安全運転支援)実験車の開発を加速

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)の子会社で、ギル・プラット氏(Gill A. Pratt)が率いて米国内に於いて人工知能等の研究開発を行うToyota Research Institute, Inc.(以下、TRI)は、自動運転開発用の新たな施設の建設を行う。

具体的にTRIは今週、ミシガン州・オタワレイク市にあるミシガン・テクニカル・リソース・パーク(以下、MITRP)内の60エーカー(約24万m2)の土地に新たなテスト施設をつくる建設許可を提出。

新設される施設は、MITRPのテスト施設内(楕円形のコース内)に建設される予定となっている。
新設される施設は、MITRPのテスト施設内(楕円形のコース内)に建設される予定となっている。

2018年10月には使用を開始する予定だと云う。TRIはこの施設を専有で使用し、公道上では危険が伴うエッジケース(特異な状況下で発生する事例)の運転シナリオを、安全な環境で再現し、テストを行う計画であるとする。

このような取り組みについて、TRIの自動運転技術担当・上級副社長であるライアン・ユースティス氏は、「我々自身の手でコースを建設することで、特にガーディアン・モードに対する試験が容易となり、より迅速な車両性能開発に繋がるでしょう。

新施設では、様々な運転シナリオを柔軟に再現するテストが出来るようになり、人間が主体的に運転しつつ、事故を起こさないクルマづくりに、より一歩近づくことになります」と語っている。

この「ガーディアン・モードと」は、トヨタの高度安全運転支援技術のなかで教師が控えめに生徒を助けるようにドライビングを適時サポートしていく「守護天使、高度運転支援」を意味しており、予てよりTRIのCEO・ギル・プラット氏も提唱していた内容に沿うもの。

彼が提唱する自動運転は、このガーディアン・モードと「ショーファー(お抱え運転手、完全自動運転)」の二本立ての自動運転システムを指す。

このガーディアンシステムでは、安全性が高まると同時にファントゥードライブも演出できる。いわばガーディアンシステムがセーフティーネットとなりつつも、運転手がガーディアンに依存しないファンなドライビングの形を提唱・研究している。

つまり人による運転を前提としながらも、衝突の危険がある時は回避支援を行うガーディアンシステムで乗員を保護する。

例えば先の他メーカーの事故の様にドライバーの注意力が落ち、居眠りしそうな場面で、システムその危険を察知して速やかに警告を促す。さらに緊急ブレーキやハンドル操作で衝突を回避し、歩行者やドライバーを守る。

新施設の完成でこうしたガーディアン・モードの走行試験が容易になり、自動運転技術の開発スピードが加速される。

TRIの施設は、MITRPが管理する既存テストコース内部の約24万m2の土地に、新たに設けられる

ちなみに先の通り、このTRIの新施設は、MITRPの既存の1.75マイル(約2.8Km)の楕円形テストコースの中に建設される。

このMITRPのテストコースは、ミシガン州ホワイトフォード郡区のオタワレイク市で、元来1968年に大手部品メーカーのテストコースとして設立された拠点である。

その広さは336エーカー(約136万m2)にも及ぶが、永らく利活用されて以降、2010年に不動産開発会社に売却され、現在では乗用車・商用車・公道外で使用する特殊自動車や、部品サプライヤーのテスト。先進技術開発のためのテストコースとしても使用されてきた。

Next on our #GoodStuffRoadTrip, we stopped at Michigan Technical Resource Park to see where vehicles, component parts, and new technologies—such as autonomous driving—are put to the ultimate test.Check out the full trip so far at KendallMotorOil.com/roadtrip.

さんの投稿 2017年9月12日(火)

このMITRP内に設けられることになるTRIの新施設には、TRI独自の設計思想に裏付けられた思想を投入。混雑した都会の交通状況や、滑りやすい路面、入口・出口のある、片側4車線の高速道路などを模擬する施設を設けることなどが含まれている。

新施設の実運用に関してTRIは、MITRPと土地のリース契約を結び、新施設の設計、建設、メンテナンスなどを行う。

またTRIは今回の新施設以外に、MITRPが所有・管理する他のクライアントにも提供されている既存の楕円形コースや、その他の施設を使用したり、サービスを受けたりすることも可能な契約となっている。

加えてTRIはカリフォルニア州のGoMentum Station、ミシガン州のMcityやAmerican Center for Mobilityとパートナーシップを結んでいることから、TRIはこれらMITRPの施設に加え、今新施設を活用していくことで、公道外でのテストをより広範に、実際的な環境に近いシチュエーション下で行えるようになるようだ。

MITRPのプレジデントであるMike Jones氏は「今回のTRIとのパートナーシップは大変意義深いものであり、自動運転技術開発に成功をもたらすと確信しています」とコメントしている。