車両個人売買のAncar、自動車整備工場との提携拡大により1都3県のカバー率が90%に


vehicle-of-individual-buying-and-selling-ancar-by-the-alliance-expansion-of-the-automobile-repair-shop-in-tokyo-and-three-prefectures-cover-rate-of-90 160210-1

サービス対応エリアの拡充に加え、査定システムの刷新、買取制度のオプション化を行い、出品がより気軽に

自動車の個人売買プラットフォーム「Ancar(アンカー)」(現在はβ版)を運営する株式会社Ancar(本社:東京都新宿区 代表取締役CEO: 城一紘、以下 Ancar)は、個人間売買時の車両品質の要となる整備工場との提携を積極的に推し進めてきたが、2月9日に、このカバー率が1都3県エリアで90%に達したと発表した。

具体的には、同社の個人間売買のプラットフォームに於いて「車の個人売買の中で発生する整備業務」を、各地の整備士にクラウドソーシングすることで、販売車両に関わる品質の確保や、安全性の担保を行っている。

vehicle-of-individual-buying-and-selling-ancar-by-the-alliance-expansion-of-the-automobile-repair-shop-in-tokyo-and-three-prefectures-cover-rate-of-90 160210-3

これは、旧来の中間流通業者が握っていた利益を「整備業界に再配分する」というビジョンであり、同社は、これに賛同した整備工場との提携関係を積極的に結び続け、このネットワークが2016年2月初旬時点で東京、神奈川、千葉、埼玉の整備サービス対応エリアのカバー率に於いて90%に到達したとしている。

また、上記に伴う車両査定システムの刷新と、買取制度のオプション化を行ったことにより、今までの5分の1の時間で、より精緻な査定額がメールにて受け取れるようになり、さらに気軽に車両売買が出来るようになったと云う。

vehicle-of-individual-buying-and-selling-ancar-by-the-alliance-expansion-of-the-automobile-repair-shop-in-tokyo-and-three-prefectures-cover-rate-of-90 160210-4

これらのシステムの刷新により、カーユーザーは、売りたいと思った時に、より気軽に、より早く、いくらで売れるのかがわかるようになった。

併せて、これまでAncarへ車両出品する際、掲載30日後の買取が必須となっていた項目を、Ancarに買取を依頼したいユーザー自身が選択できるオプション扱いとした。

加えて出品側は、自宅に車両を置いたまま車両を出品できるため、より気軽にAncarで売却を試すことが出来るようになっている。

なおAncarは、従来は数社が仲介していた中古車売買流通を、自動車整備工場をネットワーク化することを介して、車の整備及び査定業務をアウトソース。

これによって個人間取引でも、売り手と買い手が安心して直接売買できるプラットフォーム開発を目指している。

今後、同社は営業人員・開発人員を増員し、注力エリア内での実績拡大・サービス改善を行ない、順次、関東圏全域へと対応エリアを拡張。早期に全国展開に向け、整備ネットワーク構築に注力していくとしている。

社名:株式会社Ancar
URL:
本社:東京都新宿区西新宿2丁目6番1号新宿住友ビル25F
設立:2015年1月27日
代表者:代表取締役社長 城 一紘
取締役:COO越島 悠介
業務内容:個人間中古車売買
取引銀行:
(株) みずほ銀行
(株) 三井住友銀行

■Ancar 経営者について
代表取締役社長 城 一紘(じょう かずひろ)
1981年、兵庫生まれ。自動車整備工場を営む実家の三代目として育つ。
2005年に関西学院大学を卒業後、大手アパレル会社、大手ソーシャルゲーム会社を経た後、2013年に家業を継ぐべく兵庫の実家へと戻るも、自動車整備業界に対する課題を強く感じ、2015年1月に同社を創業。
2015年4月24日には、サイバーエージェント・ベンチャーズから「CA Startups Internet Fund 2号投資事業有限責任組合」経由での出資を得ている。