フォルクスワーゲングループ・ジャパン、本国AGの方針を受けた3本柱の事業戦略を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

arbitration-court-notice-arbitrage-determined-to-terminate-the-collaboration-between-volkswagen-ag-and-suzuki-motor-corporation20150831-1

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役:スヴェン シュタイン、以下:VGJ)は、今後の日本国内に於けるプロダクト戦略に関して、「フォルクスワーゲンの安全に対する考え方の訴求」「パワートレインの新方針」「ライフスタイルに合わせたモデルバリエーションの拡充」という 3つのビジネス展開を軸にした活動内容を発表した。

volkswagen-group-japan-announced-the-business-strategy-of-the-three-pillars-that-has-received-the-country-ag-of-policy201601012-2

上記同社が発表した、その概要は以下の通り。

「Volkswagen オールイン・セーフティ」の訴求
フォルクスワーゲンは長年に亘り、お客様に安心してお乗りいただけるよう、高い安全性を第一に掲げたクルマ造りを行うとともに、他社に先んじた先進安全技術の開発を進めてきました。

これまで VGJでは、こうした取り組みや技術・装備について、車種ごとに展開してきましたが、今後は「Volkswagen オールイ
ン・セーフティ」というコンセプトの下、こうしたフォルクスワーゲンの安全思想や先進安全技術などについて、より分かりやすくお客様にお伝えする活動を行ってまいります。

volkswagen-golf-touran-was-full-model-change-for-the-first-time-in-11-sales-start20150112-6

「Volkswagen オールイン・セーフティ」とは、(1)予防安全 (2)事故発生時の被害低減(3)事故後の二次被害防止までの 3 つの事象すべてに対応した、フォルクスワーゲンの先進安全技術による包括的な安全対策により、運転者、同乗者、さらには周囲の車や歩行者を事故被害から保護するための総合安全コンセプトです。

「パワートレインの新方針」
VGJ の“e-mobility”戦略については、これまで、2014 年 10 月に電気自動車(以下:EV)の「e-up!(イー・アップ!)」と「e-Golf(イー・ゴルフ)」の 2 モデルの導入を発表したものの、それらの急速充電システムが日本国内に多数ある急速充電器のすべてに対応していないことが判明し、デリバリーを延期していました。

vgj-japanese-sales-of-electric-car-e-golf-e-golf-is-postponed20150728-4

一方、フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド(以下:PHEV)である「Golf(ゴルフ) GTE」は、”e-mobility”商品の第一弾として昨年秋に販売を開始しました。

今後は、フォルクスワーゲン AG の新たな“e-mobility”戦略の発表を踏まえ、VGJ ではフォルクスワーゲンの“e-mobility”が、単なるエコカーとしてのクルマではなく、“エコ+Fun to drive”の双方でお客様のご要望にお応えしていくことを目指し、“e-mobility”のモデルラインアップを見直したうえで、当面はお客様の利用環境を選ばない PHEV を主軸に据えた展開を進めていきます。

今年は、昨年導入した「GolfGTE」に続いて、「Passat(パサート) GTE」を導入します。一方、EV については、「e-up!」の導入を見送り、e-Golf については、より長い航続距離を実現する新型にて導入を検討します。

volkswagen-golf-touran-was-full-model-change-for-the-first-time-in-11-sales-start20150112-1

パワートレインの拡充に関しては、ガソリンエンジンの TSI が引き続きメインとなりますが、PHEV の拡充に加え、ディーゼルエンジンの導入も引き続き検討しています。(導入時期は未定)

「ライフスタイルに合わせたモビリティの提供」
2016年は、本日発表した新型「ゴルフ トゥーラン」、コンパクト SUVの新型「ティグアン」を中心に、PHEVの「Passat GTE」や、運転の楽しさを追求したスペシャルモデルなどを積極的に導入し、お客様のライフスタイルにあった、魅力的な商品展開を行っていく予定です。

以上

問い合わせ先 フォルクスワーゲン カスタマーセンター tel. 0120-993-199