ボルボ・カーズ、次世代コネクテッドカー開発に向けてアンドロイドOSを配するグーグル社と提携へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カーズ(本社:ヴェストラ・イェータランド県・イエテボリ、CEO:ホーカン·サミュエルソン、以下ボルボ)は北欧時間の5月15日、グーグル社との技術提携を発表した。

具体的には、車内インフォテイメントシステム及びコネクティビティの次世代システム開発に向け、アンドロイドをベースにした幅広いアプリやサービスに関わるアクセス提供を目指す。

なお、この新しいシステムは2年以内に新型のボルボ車に導入される予定としている。ボルボカーズによると、このパートナーシップは、ボルボのユーザーがクルマと、どのように関わるかに大きな変革をもたらすと云う。

例えばグーグル、ボルボおよび他のアプリ開発業者によって開発される膨大な数のアンドロイド・アプリが、車やその周りのコネクテッド・サービスや、予報サービスなどを提供することになると述べている。

この取り組みについてボルボカーズの研究開発担当上級副社長、ヘンリック・グリーン氏は、「ボルボはグーグル社との提携によって戦略的に重要な一歩を踏み出しました。

グーグルのプラットフォームやサービスはさらなるカスタマイズの可能性を広げ、ユーザー体験をより豊かなものにします。

また、アンドロイドは開発面においてもさらなる柔軟性を提供します」と話す。

加えてボルボカーズでは、情報端末としての車の利用がますます注目される中、このボルボとグーグルとの提携は、自動車業界とテクノロジー業界の連携の加速を反映していると云う。

先のヘンリック・グリーン氏は、「ボルボはスマートな提携こそが自動車業界の未来だと考えています。

アンドロイドを基本OSとして利用することで開発のスピードや柔軟性が増し、ユーザーはコネクテッドカーの車内でのサービスを自由にカスタマイズすることが可能になります」と語っている。

一方、グーグル社のアンドロイド・エンジニアリング担当副社長、パトリック・ブレイディ氏は、「ボルボの次世代のコネクテッドカーにアンドロイドを提供できることに感激しています。

このパートナーシップは、多機能のインフォテイメント・プラットフォームとアンドロイドのアプリやグーグルが提供するサービスのリッチなエコシステムを通じて、ボルボ車のドライバーによりシームレスな体験を提供できるチャンスを与えるでしょう」と述べた。

さらにボルボのヘンリック・グリーン氏は、「アンドロイドの登場により、ボルボは豊富なエコシステムを利用できるともに、ボルボの象徴的なユーザーインターフェースを維持することができます。

私たちはコネクテッドカーにおいて何百もの人気アプリや最高の体験を提供していきます。

またボルボはその他の分野でもグーグルと協調していきます。例えば最近発売されたボルボ車に、位置情報サービスのアプリであるグーグル・ローカル検索機能を追加します。

これは、センサス・ナビゲーション・システムのアップデートを通じてお客様にリリースされることになります。

なお今回発表された提携およびアンドロイドOSについては、毎年開催されるグーグルの開発者向けイベント、Google I/Oでも詳細が発表されることになります」と結んでいる。