ZMPと三菱UFJリース、自動運転車のシェアリング事業を開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

自動運転車両RoboCarで全国各地の実証実験をサポート

株式会社ZMP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)と三菱UFJリース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳井 隆博)は、自動運転車両のシェアリング事業に関する業務協定契約を締結した。

自動運転分野は「官民ITS構想・ロードマップ2018」を背景に交通事故の削減・交通弱者の負担軽減・交通渋滞の解消などの社会的課題解決への寄与だけに留まらず、ラストワンマイル区間での自動運転、中山間地域で道の駅を拠点とした自動運転サービスなど様々な可能性がある。

そこでこれを踏まえてZMPと三菱UFJリースは、自動運転の商業化に寄与する「自動運転実証実験プラットフォーム」上での​シェアリング展開を開始する。

具体的には三菱UFJリースが保有する「ZMP RoboCar」をベースとした自動運転車両と、ZMPが開発する最新鋭の自動運転システムをパッケージ化したものを提供する。この施策により三菱UFJリースは、金融と事業の融合を組み合わせたビジネスモデルの進化を目指して行く構えだ。