ZMP、自動運転サービス開発向け「公道実験支援パッケージ」の販売開始


高齢化・過疎化問題に取組む自治体、大学、企業向けモビリティサービス開発ソリューションとしてリリース

株式会社ZMP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒) は8月31日、自動運転技術を用いた将来のモビリティサービスの開発・検証のニーズに対応するべく、RoboCar® MiniVanを使った公道実験支援パッケージの販売を開始致した。

ZMPは、2009年以来自動車メーカ、部品サプライヤー、大学等に自動運転技術開発向けにRoboCar®シリーズを販売してきたが、今回リリースしたパッケージは、2015年から販売してきた市販車ハイブリッドミニバンをベースとした自動運転技術開発プラットフォームRoboCar® MiniVanがベースとなっている。

これに周囲をセンシングするレーザスキャナ、単眼・ステレオカメラRoboVision®、車両の位置や挙動を計測するGPSや慣性センサ、取得したセンサデータを統合し自動運転を行う人工知能が搭載された車載コンピュータIZAC®などをシステム構築した。

パッケージは、2014年から開始した公道実証実験の実績・ノウハウが集約されており、技術アドバイスや実施計画の運用サポート、また走行時のドライバやサポートカー走行についての要望に対してもサポートを行っていくとしている。

活用シーンとしては、例えば過疎地域でのモビリティサービス提供に向けたサービスの有効性確認を目的とした実証実験。その他の応用サービス分野まで、公道での自動運転の実験を行う際の様々なシーンへ幅広く適用することができると同社では謳っている。

なお公道実験の実績としては、愛知県、神奈川県、東京都、また昨年から、東京五輪の自動走行タクシーの実現に向け開催地であるお台場エリアでの公道実験などがある。

特に直近では、交通量の多い環境においてのレーンキープや最大4車線にわたるレーンチェンジ、工事中レーンへの対応、信号認識と直進・右左折、前車追従、歩行者認識による自動停止など、自動運転に必要な技術を蓄積し続けている。

RoboCar MiniVan公道実験支援パッケージの詳細: 

【パッケージ内容】
・自動運転車開発プラットフォーム RoboCar MiniVan (自動運転走行に必要なセンサを含む)
・自動運転コンピュータ IZAC (基本ライセンス料 + 制御コンポーネントオプション、走行テスト費用を含む)
・ 高精度マップ
・ 実証実験の計画と実験シナリオの立案支援
・ 実験シナリオ実現にむけたソフトウェアカスタマイズ
・ 対象地域の行政・警察機関への届出に関する支援
・ 実験実施に関するエンジニアリングサポート
・ 実験実施に関するオペレーションサポート(現地調整役、実験実施用ドライバー、サポートカーなど)

【お台場の自動運転実験において搭載されている自動運転機能の例】
・前車追従機能
・周辺物体検出(周辺車両、歩行者)
・レーンキープ
・レーンチェンジ
・信号認識(矢印信号含む)
・交差点右左折走行
・路駐車両回避
・登録ルート走行
※上記はお台場環境での実現例であり、利用者の使用エリアで、全て実現可能であることを保証するものではないとしている。

【パッケージのご利用シーン例】
-ADAS・自動運転向けセンサー開発における公道での実験・評価。
-自治体などのモビリティサービス導入を目的とした有効性の実証実験。

【価格】
実験例:約5kmの公道コースで自動運転サービスの実証実験支援
(車両・機材、ソフトウェアは購入、実証実験の期間は1週間程度の場合)
価格例:8,000万円(税別)~